弔電 お悔やみ電報 申し込み 送り方

弔電(お悔やみ電報)の申し込み、送り方

弔電(お悔やみ電報)を初めて利用する方向けに、弔電を送る際に、確認しないといけないことなどを記載します。

 

遅くても葬儀の前に必ず届くか確認し、お店と弔電(お悔やみ電報)を選ぶ

まず、送り先の郵便番号、住所を確認します。

 

弔電(お悔やみ電報)を送る場合、できれば通夜までに、遅くても告別式の前に届くことが絶対条件になります。ほとんどの弔電のお店では、配送先を入力することで、お届けできるか確認できますので、必要な時までに弔電が届くか、必ず確認しましょう。

 

逆に、サイトで確認できない場合は、電話ですぐに届くか確認したほうがいいでしょう。すぐに確認できない場合は、他のお店を探し、必ず弔電が届くように準備したほうがいいでしょう。

 

弔電が届くお店の中で、弔電用の電報を選びます。弔電を選ぶ際は、メッセージ料金が無料のお店と有料のお店がありますので、その点だけ考慮して、お店と弔電を選ぶといいでしょう。

 

おススメの弔電(お悔やみ電報)のお店は、こちらに記載しています。
その他の弔電(お悔やみ電報)のお店は、こちらに記載しています。

 

弔電(お悔やみ電報)のメッセージを作成する

弔電のお店と電報を選んだら、メッセージを作成します。

 

初めての方は、どのようなメッセージにすればいいか、考えると思いますが、だいたいの弔電(お悔やみ電報)のお店では、文例が用意されているので、お店の文例を確認するといいでしょう。

 

弔電(お悔やみ電報)のお店ごとの文例の特徴は、こちらにまとめました。

 

キリスト教用の文例と英文の文例を用意しているお店が少ないので、その文例を用意しているすべての文例を参考にするといいでしょう。

 

また、メッセージには、不幸が続くことを連想させる言葉などは使わないほうがいいため、こちらに簡単にまとめているので参考にするといいでしょう。

 

弔電(お悔やみ電報)の申し込みする

送り先、電報のお店、電報、メッセージの用意ができたら、後は、弔電の申し込みをするだけです。入金後に弔電の発送作業になると思いますので、期限までに届くように、申し込みと入金処理をします。

初めての弔電なら、佐川急便子会社のVERY CARDがおススメ

page top