弔電 お悔やみ電報 マナー 宛名

弔電 マナー、 宛名などお悔やみ電報を送る場合のQ&A

取引先関係の訃報の場合は、会社として弔電を送るのが一般的で、丁寧いです。お通夜・告別式のどちらにも参列できない場合も弔電を送ります。そのため、取引先関係、または、お通夜、告別式のどちらにも参列できない場合、弔電を送るといいでしょう。

 

弔電・お悔やみ電報を送るタイミングは?

弔電は訃報を聞いたらすぐに手配します。弔電は、できれば、通夜の日、遅くても葬儀開始時刻の数時間前までに届くようにします。そのため、弔電を申し込む際は、必要な時までにお届けできるか確認する必要があります。

 

弔電・お悔やみ電報の宛先は?

葬儀が行なわれる寺社、斎場、自宅(自宅での葬儀の場合)の住所に送ります。

 

式斎場へ送る場合は、喪主宛てに送ります。同姓同名の方がいる場合もありますので、できれば喪主名・故人名の両方を記載しておくとよいでしょう。企業や団体が主催する社葬の場合、葬儀責任者、部署、主催者宛てにします。
※喪主がわからない場合は、「故○○様ご遺族様」

 

弔電・お悔やみ電報の差出人の書き方は?

喪主の方と面識がない場合、故人との関係がわかるように差出人の横に一言添えるのが親切です。同級生であれば出身の学校名、同じ会社であれば会社名など、簡単な説明で大丈夫です。

 

弔電・お悔やみ電報で記載する敬称は?

両親: ご両親様、ご父母様
受取人の実の父: ご尊父様、お父上様
受取人の妻の父: ご岳父様
受取人の実の母: ご母堂様、お母上様
受取人の妻の母: ご岳母様、ご丈母様、ご外母様
受取人の兄弟:ご令兄様、ご令弟様
受取人の姉妹:ご令姉様、ご令妹様
夫: ご主人様、ご夫君様
妻: ご令室様、ご令閨様、奥様
息子: ご子息、ご令息
娘: ご息女、ご令嬢(様)、お嬢様
兄: 兄上様、ご令兄様、お兄様
姉: 姉上様、ご令姉様、お姉様
弟: ご令弟様、弟様
妹: ご令妹様、妹様
祖父: お祖父様、ご祖父様
祖母: お祖母様、ご祖母様
家族: ご家族様、皆様、ご一同様

 

使ってはいけない言葉

弔電では「忌み言葉」と言われる下記の言葉を避けるのが一般的です。

 

繰り返し言葉
再三・再び・重ね重ね・またまた
など

 

不吉な数字
四(死)、九(苦)

 

不幸に関する直接的な表現
死ぬ、死亡
など

 

不幸を想起させる言葉
とんだこと・いよいよ・迷う・浮かばれない
など

 

その他、宗教の違いにより不適切な表現があります。例えば、キリスト教、神道式では、お悔やみ、成仏、弔う、冥福を祈るなどの言葉を使わないため、キリスト教であれば、文例を用意しているお店があるので、メッセージを作る際、文例を参考にするといいでしょう。

 

弔電、お悔やみ電報のお店ごとの文例の特徴はこちら

初めての弔電なら、佐川急便子会社のVERY CARDがおススメ

page top